フラット35やセカンドハウスローン

住宅ローンは契約者本人が居住するための住宅を取得するうえで活用できたりします。そして今は住まなくても老後に引っ越しを考える物件がある時、住宅ローン利用ができません。別荘のための住宅など買いたいときは住宅ローン代わりに利用できるのがセカンドハウスローンです。そして、セカンドハウス取得に利用できるセカンドハウスローンは利用にあたり注意が必要です。これを問題なく返済しつづけられるだけの経済力あるかなど金融機関はしっかり確認して融資を踏み切たりたいです。

そうした背景で住宅ローンに比べ、セカンドハウスローンは審査厳しいです。同じ金融機関でも住宅ローンは収入要件なく、セカンドハウススローンは前年度の年種500万円以上といった要件付加しているケースがあります。そして投資用物件でローンを組むなど本来の目的をかくしてセカンドハウスローン利用されないようにするには、金融機関審査厳しい傾向があります。そして、民間住宅ローンのフラット35を利用し、省エネ性が優れる住宅を建築したら、金利優遇措置受けられます。フラット35でいう省エネルギー性は認定低炭素住宅、一次エネルギー消費等級5の住宅などです。そして認定低炭素受託建築で得られえるメリットですが、金利優遇以外に、メリットがあります。認定されるには省エネ基準と同等以上の外皮の断熱性能が必須です。この外皮の断熱性能向上させることにより夏は外からの熱遮断し、冬は室内の温かさを室外に逃がさないです。結果夏場涼しくて冬は暖かく過ごしやすいです。外皮の熱性能向上でエアコン使用料押さえられて電気代の節約につながります。低炭素住宅に認定されるための選択項目で節水対策もありますが、これら選択をして、水道大節約が可能です。また、該当した住宅建築すると住宅ローン組まない時も税額軽減を受けられます。そして、住宅を買った時など、所有権の保存登記をして、住宅ローン組んだら抵当権認定登記をして、これらの登記をするとき登録免許税がかかりますが、認定低炭素住宅を建築することで税額押さえられます。また、認定低炭素住宅はメリットが多いですが、省エネ特化した設備導入のため設備費用が高額になりがちです。ですが、長い目で見れば、省エネで災害時にも強い味方になります。ぜひ認定低炭素住宅を検討してみるといいでしょう。