玄関や間取りと家具のこと

家を作るときに、木造を検討することがあると思います。その時、木造であることによりいろいろなメリットを感じることができるからです。人生において、誰しも木造の家に住みたいと思うことでしょう。

ここでは、木造の家のことと間取りや玄関で工夫をしたことと家具についてお話します。

・木造の家のメリットについて

日本人として、人生で木造の家に住みたいと思うのは当然のことでしょう。それはなんと言っても、昔から木造の家が多いからです。昔の人は、その家に住むことにより様々な良さを実感することができています。

その一つとして、雰囲気がいいということです。家の中には、それ以外にコンクリートなど無機質な感じの家もあります。それよりも、木の家だと温かみを感じることができます。実際に、その家に触れたときに寒くないのです。冷たい感じがしない家として木の家があります。

また通気性がいいので、家の中のカビの繁殖を防ぐことができます。そのことは、健康を維持するためにもとても重要なことですね。しかも人生において、殆どを家の中で暮らすことになり、健康でいられる家がいいと思うのです。そんなことを思うと、一番木の家がいいのではないでしょうか。

・玄関のくふう

玄関については、こだわりを持つ人が多いですね。そこを見て、その家の印象が決まるといっても過言ではないからです。そのことから玄関に力を入れて、間取り等を考えるようになります。そして、自分が思っていた以上に広めに作ることをおすすめします。すると後悔することが少なくなります。

・家具をどうするか

新築を作ったときに、家具についてどうするかと思うことでしょう。その時、新築の家に合う家具なのか考えて設置するようにします。せっかく新築にしたのに、家具がボロボロになってしまいなんとなく違和感を感じることもあるからです。その家にあった家具選びが大切となりますね。

家具は、その部屋にマッチするのかをまず考えます。マッチしないものは、思い切って処分をしてもいいかもしれません。私の場合も、一から家具を選ぶことにしました。今まで使っていたものは、マッチしないからです。色やデザイン等を考えて、マッチするものを選びます。

またその家具の大きさも重要です。それは、新築の間取りにあっている大きさであるかということです。いざ配置しようとして、サイズが合わないとなったら悲惨です。新築ができてから考えても遅くありません。