注文住宅を建てるための資金の集め方

マイホームは資金計画をどのようにするかが問題で、新築の注文住宅にすると住宅ローンが利用できるタイミングが遅くなります。家の資金は人生で一番高い買い物になるため、安心して集めやすい方法を探すことにしました。土地の価格は主要駅の近くや幹線道路沿いにすると坪単価が高くなり、不動産会社と相談して決めたものです。

注文住宅をマイホームにする時は諸費用などはつなぎ融資で対応するしかありませんが、自己資金を準備しないと厳しいです。新築は少しでも長く使えるように決め、家族で話し合って住みやすくなるよう間取りやデザインを決めることにしました。

マイホームで新築の注文住宅を建てる時は住宅ローンは利用できず、つなぎ融資や自己資金を準備して家を購入できるようにしました。家族は4人いるため注文住宅にすると要望に合わせて間取りを決めることができ、新築のため耐震性や耐久性が強くて老後の生活を安心して暮らせるようになって良かったです。