我が家の新築とは

我が家を建てたいと思ったのは30代の初めでした。以前からの夢で30代で新築注文住宅の家を建てて、マイホームを持ちたいと言う思いは強くありました。

私は将来の計画を立てることが好きな性格なので、自分が生涯生活するマイホームの事はきちんと計画性を持って進めて行きました。

まずはマイホームに対して、漠然という感じだったので、リアルにする為には、住宅展示場や住宅イベントの場に出かける様にしました。リアルに目に見ることによって、新築の注文住宅の家の良さが伝わってきました。

また、それぞれの業社によって、新築注文住宅の売りが違うので、様々な業社さんの家を見ることで、自分にはどのようなタイプの家が良いのかという事も理解をしていきました。

家を建てる為に数年間は活動をした後に、ある業者さんとの出会いがあり、新築注文住宅を建ててもらいました。

デザインと言い、内装と言い、私の中ではパーフェクトな家を建てることができたと満足感で一杯です。やはり自分のマイホームは落ち着きます。